ヤミ金の魅力について

ヤミ金とは、法律に規制されている要件に則らずに貸金業を行なっている金融業者のことです。法律に違反して事業を行なっているため、事業を行なっていることを公開できずに潜りで事業を行なっており、それが闇で行なわれていることでヤミ金と言われているのが一般的です。

ただヤミ金の魅力としては、お金を貸してくれないことはなく、どんな少額なお金であっても厳しい審査がなくて、お金を貸してくれることです。収入を証する書類も特に必要なく、住所が記載されている運転免許等が一枚あれば、お金を借りることが出来るのが一般的です。

なおヤミ金の事業では、貸金業法の総量規制や利息制限法の適用を想定していないため、当然ながら面倒な書類手続き等も必要なく借り手側としてもリアルタイムにお金を調達することが可能です。そのため、今即座にお金が必要となれば、即座にお金を調達してくれることが最大の魅力となります。

また破産等でブラックリストに載った人や仕事をしていないため、正規の金融機関でお金を借りることが出来ない人でも自由にお金を借りること出来ます。ただ貸金業法の改正により、お金の貸付を行う会社がヤミ金業者であると認定されてしまうと借り手側がお金を返さなくても良いとする規制となったため、現在は下火の傾向になっています。



ヤミ金でのお金の借り方について

貸金業の登録をしていないのが、ヤミ金の特徴です。また、仮に登録をしていても法定利息を超える高い利息を加算させる業者もヤミ金に当たります。

しかし、多重債務者などは消費者金融などのブラックリストに載り通常の貸金業では融資を受けることが難しくなりヤミ金と知りながらも借りざるを得ないことが出てきます。こうした時に、借り方としてはまず、初めに必ず契約書を書いてもらうことです。

そして、その契約書の内容を確認をしておきます。借り方の基本として、重要なのはその利息が何パーセントになるかを十分に把握しておきます。ヤミ金の場合は、よくあるケースで口頭では低金利をうたいながら、契約書では法外な利息になっていることがよくあります。

そして、その手口として貸付の手数料を前払いさせる詐欺行為もあり注意が必要です。また、ヤミ金の会社の所在地や連絡先がキチンとあるのかも事前に確認しておくことです。甘い言葉で、お金に困る人を誘惑してくるのがヤミ金のやり方です。

少しでも、不信に感じるときは契約書を、一度持ち帰り家族や知人に相談をすることです。慌てて、契約書にサインをすることはとても危険が伴います。また、借りてからもおかしいと思うなら専門家への相談をすることです。



こんなに簡単な過払い金請求

私は、20代のとき、消費者金融で借金をしました。当時の恋人に貸すために借りたのですが、とにかく手っ取り早く借りたかったのもあり、いわゆる「グレーソーン金利」であることも分かった上で、お金を借りました。

滞りなく地道に返せば、すぐに返せるだろうと考えていたのですが、毎月毎月利息ばかりを支払うばかりでなかなか元本が返済できず、10年弱支払いを続けていました。そのころには当時の彼氏とは別れ、別の男性とお付き合いをしていました。

隠し事は嫌なので事情は話していたのですが、なんと彼は彼の両親にそのことを話してしまったのです。叱られると思ったのですが、なんと彼のご両親は知り合いの司法書士さんを紹介して下さいました。

あれこれ手続きして人目にさらされ恥の上塗りになるのが嫌で、最初は気が進まなかったのですが、話だけでも聞きに行ったらと強く勧められ、しぶしぶ司法書士事務所へ。事前に、今までのお金のやりとりの記録が必要だと言われ、消費者金融に請求した書類を持参しました。

すると「完済していますね。半年から1年もあれば、借金は無くなると思います。我々の報酬は、返還された過払い金から頂きますし、それでも少しはお返しできると思います」と思いもよらない嬉しい返事が。裁判や書類の作成等、全て丸投げで、半年後には本当に15万円が返ってきました。依頼して良かったと思います。



友人とのお金の貸し借り

私にはシングルマザーの友達がいました。お互いがシングルマザーで、働きながら子育てを共に頑張っていました。もちろん家計はお互い苦しかったですが、たまに飲みに行ってストレス発散したりして仲良くしていましたが、お金の貸し借りをしてからすっかり疎遠になりました。

私も友人も親や兄弟にお金をせびられることが多く、お互いそれに嫌気がさしていたのでどんなに苦しくても友人同士でのお金の貸し借りはしないでいようと話をしていたのですが、ついに友人は自分だけではお金が回らなくなり私にお金を貸してくれと言ってきました。

友人には小さな子供がいるので、嫌ではありましたがその子のためにとお金を貸すことにしました。返してくれるだろうという思いもありました。申し訳ないと友人は最初は小額でいいと言っていましたが、実際借りる時に倍の値段にしてくれと言ってきました。

その時にもう友人に対して不信感を抱きました。私にも子供がいるのでそれ以上は無理だと告げると仕方ないと諦めましたが、それからしばらく毎日しれいたメールのやりとりがいっさいなくなりました。悪いからと思っていたのかもしれませんが、やはりもう友達とは思いにくくなっていきました。

返済日にきちんと返済してくれましたが、お土産にくれた小さなお菓子があきらかにパチンコの景品だったので、もう自分から連絡するのはやめました。お金の貸し借りは友人を友人ではなくするものだと思います。